高校の友達と同じ出産予定日でしたが・・・

そういえば高校の友達で、いつも顔が赤い人がいました。

私の出産予定日と同じだったので、すごい偶然です。

実際には私よりも出産が早かったのですが、その友達に良い情報を得ることができました。

なので顔の赤みを消す方法を知りたい方に朗報です。

顔の赤みを消す方法として色々な商品が最近登場してきています。

まず、今回紹介したいテーマは「顔の赤みを消す方法」ですが、その顔の赤みというのはどういったことを指すのか簡単に説明していきたいと思います。

顔の赤みというのは、別名「赤ら顔」と呼ばれており主に冬場の暖房などで乾燥してしまった顔が赤くなってしまうことをいいます。

暖房などの乾燥はどう頑張っても避けることができません。
ですので、今回顔の赤みを消す方法を伝えたいと思いました。

顔の赤みを消す方法を調べるにあたり、どうして赤ら顔になる人とならない人がいるのかに注目しました。

赤ら顔の原因として考えられる要因の1つは、皮膚が薄い部分の毛細血管が透けて見えてしまっていること。
そして要因の2つ目は、皮膚が炎症を起こしてしまっていることです。

皮膚が薄くて顔が赤くなってしまう方は、毛細血管が暖房により乾燥され温められて拡張してしまい、普段見えないはずの毛細血管が見えてしまうことが原因です。
この場合の顔の赤みを消す方法としては、保湿力を高めること。

保湿力の鍵を握るのは、セラミドという成分です。
セラミドは水分を多く含むことのできる成分で、皮膚に直撃する暖房や紫外線といった刺激から肌を守ってくれる働きがあります。

皮膚が薄いことにより、顔が赤くなってしまう方は保湿力の高い美容液やクリームを使用すると良いでしょう。

皮膚の炎症により顔が赤くなってしまう方は、毛穴にトラブルが起きてニキビの出来てしまう状態にある場合や、汚れを落としきれずに痒さや痛みが症状として現れ皮膚をボロボロにしてしまうことに繋がります。
この場合の顔の赤みを消す方法としては、清潔を心がけて保湿力を上げること。

洗顔はこすり洗いはせずに、多めの泡で優しく洗い上げることを心がけましょう。
ニキビの原因菌や肌の脂は一度清潔にした毛穴にまたすぐに入り込んでしまうので、さっぱりタイプの保湿剤を使って乾燥を防ぐようにすることが肝心です。

また、顔の赤みを消す方法を紹介するにあたり、脂の多い鼻の毛穴や小鼻の溝などはカビが繁殖していること考えられるため見逃すことができません。

よくTゾーンにはカビやダニが繁殖していると聞くことがあります。
これは、顔の赤みを消す方法知ること以前に防がなければならないトラブルです。

このトラブルを解決するには、正しい洗顔ももちろんですし保湿剤の使用ももちろんですが、規則正しい生活を心がけることも重要となります。

これらのことを気にかけながら、顔の赤みを消す方法やポイントをしっかり押さえて素敵な肌を目指していただきたいと思います。

顔の赤みを消す方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする